終演。ありがとうございました!

舞台「Milky Way,Faraway 〜七夕伝説異聞〜」
7月25日から28日、公開ゲネプロを含め4日間計8公演が、
無事に終演いたしました。

観に来てくださった皆様、
ほんとうに、ほんとうに
ありがとうございました!!!




今回の作品のテーマは「運命」。


ベガとアルタイルの七夕伝説。

年に一度、晴れた七夕の日にしか会えない織姫と彦星は、
天帝の力によって天の川の両岸に引き裂かれたまま。
どうにか2人が再び一緒になることは出来ないだろうか……
と、いうところから始まるお話でした。

天上にいるベガやアルタイルなどのお星様たちと、
その存在とリンクして影響を与えているという地上の人間たちと。


わたしの演じた川原沙織は、ベガとその運命を影響し合っている人間でした。


男に騙されて借金を背負って、生まれた家庭もDVや貧困で悩まされて、
そんな彼女は昼はデザイナー、夜は風俗嬢として働く女の子。

お金もなく、時間の余裕もない中で
それでも強く、ちゃんと自分の夢を持ってデザイナーの仕事をしている沙織はとても強い子です。
だけど、沙織一人では決してそう強くはいられなかったと思うのです。


支え続けていてくれた、
星矢くんという人の存在が、本当に本当に大きくて。

男とか女とかじゃなく、誰より大事な存在だったんじゃないかな。
沙織にとって星矢くんに出会えたことは、
神様が与えてくれた優しい運命だったのかもしれません。



私自身は、「運命は生まれる前から決まっている」なんて、思ったことはありません。

だけど、これまで生きてきた20数年の間に、
「今ここでこれが起こらなかったら」「この人と出会わなかったら」
人生は大きく変わっていただろうな、という出来事はいくつもありました。
辛いことも、嬉しいことも。
それが運命だったのだと言われたら、そうなんだと思う。

少なくとも、人が人と出会うってことは、本当に奇跡みたいなことだと思うから。


沙織はわたしとは生き方がまるで違う子で、
だから、演じる上ですごくすごく悩みました。
英雄と出会う、お店でのベッドシーン。
全然想像もつかなくって、W主演のベガ役亜紀乃ちゃん、デネブ役のみけちゃんに
動きをつけてもらって、初めて舞台上でセクシーなシーンを演じました。
キスシーンもあって、最初は頭が真っ白で全然沙織になれなかったなぁ。笑

沙織は、お店でも、これまで生きてきた中でも、
たくさんの男の人と出会って、体を重ねてきて。
だけどその中でも、星矢くんの前だと、「女」じゃなくて沙織という一人の人間でいられた。
だから、星矢くんの前では、とても純粋な沙織自身であったのだと思います。

そういったシーンも、舞台上での歌も。
神村風子という女優にとっては初めてだらけの、挑戦しがいのある役でした。


この役に出会って、舞台上ではあるけれど、
たくさん経験させていただいて。
わたしは女優として、少し大人になって、だいぶ成長できた気がします



ラストシーンの後、登場人物たちは一体どうなったでしょうか。
明確な答えはひとつ、あるけれども
わたしの中でも、答えは出ているのだけれど

それは観ていただいた皆様それぞれに、考えてみて頂きたいなと思っています。



登場人物みんな各々の問題を抱えているけれど、
でも、ちゃんと自分の未来を自分自身で切り拓こうと逞しく生きている姿が
とても魅力的だな、と思っています。


変えられない運命というのは、あるのかもしれない。



たとえば、人の人生の長さって、もしかしたら決まっているのかもしれなくて
人は死んでしまう運命には逆らえないのだと思います。


だけど、それでも、
ただ決められた運命を辿っているだけじゃなくて、
前に進もうとしていれば、未来は何か変わっているんだと思うんだ。


そんな強さをこの作品に教えて貰いました。



いまこの時期に、この作品に出会えて良かったなって思っています。
わたしの初主演舞台。愛して頂けていたらうれしいです。



座組のみんな、あったかくてキュートな人たちばかりでした!
みんな大人だし、意見がすれ違う事もあったのだけれど、
それでもちゃんとぶつかり合ってきたから、良い作品になりました。

きっと一生忘れません。



ベガ役の亜紀乃ちゃんには、たっっっくさん引っ張って貰いました!
本当に本当に心強かった!!!
舞台を踏んできた場数も多いし、とてもストレートに真っ直ぐにものを言う亜紀乃ちゃんは
運命を変えるべく天の川を分入って行ったベガちゃんそのもの。
強く強くみんなを引っ張り上げてくれた。

初めての座長を、亜紀乃ちゃんとふたりで務められて幸せです。
本当にありがとう。


今回演出助手を務めていた星矢役のたはらくん。
歳下なのにしっかりしていて、とても頼りになりました。
彼の演じる星矢くん自体は、すごく頼りなさそうで(笑)
だけど人を安心させてくれる人。
色んなことにびくびくしていたけれど、安心させてくれてありがとう。

朱里とのリアルガールズトークも、英雄の前では女の子全開になっちゃう沙織も
すごくすごく楽しかったなぁ……!!


1人の人間の、相手によっての色んな顔が見られるのも今回の舞台の魅力でした。

沙織、くるくるかわるお衣装と連動するように、
とても感情が忙しかったです。笑



作・演出の息吹さん。
わたしを見つけて下さって、沙織にして下さって
ありがとうございました!

たくさん新しい自分に出会えました。


運命、だったのかな!


これからもこの作品が、
観に来て下さった方々の心の中にそっと残ることが出来ていたら嬉しいです!

是非是非、
たくさん感想お聞かせくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡


そして、沙織について、物語について、運命について
わたしと語り合いましょう♡



それではこれにて、この作品は完全終幕です。
いつかまた、お会い出来る日まで。



ありがとうございました!!




川原沙織役

神村風子

IMG_0864.jpg
(写真;松永幸香)

(2019.7.28)

この記事へのコメント